桜沢琢海・料理の誕生

食文化に造詣の深い桜沢琢海が綴る美食事典

料理名

マリナーラ(Marinara)

船乗り風と呼ばれるピッツア。基本はオリーブ油とトマトのいたってシンプルなピッツア。味をひきしめるために、ニンニクとオレガノを加える。チーズは使わない。船乗りなのに魚介類がないのは不思議と思われるが、いわばこれは“まかない”。船に積み込める食…

マストゥニコーラ(MASTUNICOLA)

トッピングはバジリコの葉、チーズと豚の背脂。古い時代のピッツアは、オリーブ油よりも豚の背脂が使われていたようです。豚の背脂はイタリア語で一般的にラルド(Lardo)と言いますが、ナポリではストルット(strutto)とも呼ばれていました。背脂の上質な…

マルゲリータ(Margherita)

バジリコ、チーズ、トマトのシンプルなトッピング。1889年、統一されたイタリア国の国王夫妻がナポリを訪問した際、王妃マルゲリータに献上され、この名で呼ばれることになったという由来はつとに有名。献上したのはラファエレ・エスポジト(Raffaele Esposi…

ドリアはイタリア料理ではない?

ドリアはお米のグラタン。マカロニグラタンのライスバージョン。最近、生粋イタリア人が絶賛するミラノ風ドリアが話題になって、ますますイタリア料理のイメージが強いけど、ドリアって、フランス料理用語なんです。 確かにドリアはイタリア語。正しくは人名…

レディ・カーゾン(Lady Curzon)

レディ・カーゾンというと薔薇の名前で有名ですが、料理名でもあるんです。20世紀のはじめ、インド総督の英国人ジョージ・ナサニエル・カーゾンの奥方が考案したカレースープです。なんでも、総督様の家でもてなす晩餐で、お客が酒がのめないときた! 奥様…

ムリガトニー(Mulligatawny)

英国人をはじめ、ヨーロッパの人々が好むカレースープです。ムリガトニーとはインドの言葉でペッパーウォーター、つまり香辛料の飲み物といった意味。ですが、レシピのバリエーションは山ほどあります。バリエの一つとして、刻んだ茄子とりんごに細切れの鶏…

プルコギ

プルは火でコギは肉。なので「焼き肉」と訳してしまうけど、日本で食べる「焼き肉」と、本場のプルコギは随分違う。本場のプルコギは、焼くというより、漬けダレと野菜から出た汁と一緒に、肉を煮込む感じ。グリル網でなく、円形の専用のプルコギ鍋を使いま…

パッパ・アル・ポモドーロ

イタリアのトスカーナ地方にもガスパチョとよく似た料理があります。 ポモドーロとはトマトのことで、トマト味のパン粥のことで、パッパとは粥ですが、この場合、お米でなく固くなったパンを捨てずに利用します。 ガスパチョに比べると、パッパの方はにんに…

ガスパチョ

スペイン南部アンダルシア地方発祥の冷たい夏向きのスープです。にんにくをすり潰し、細かくちぎって水に浸したパンを混ぜ、さらにみずみずしいトマトを潰して混ぜ、少量のオリーブ油、ワインビネガー、塩、こしょうで味付けしたものです。トッピングに、カ…